斎場の情報が満載!

今の時代、お葬式は斎場で行うという選択をする人が増えてきました。
この需要を受けて、斎場の数も増加傾向にあります。
どこを選べば心残りのないお葬式ができるのかは、どんな設備を整えているかに大きく左右されるといっても過言ではありません。
そのため、事前にどのような設備があるかを調べて好ましいと思えるところを選んで決めることが、一度きりで失敗が許されないお葬式を出すにあたって、かなり重要になってきています。

斎場選びのときは設備をチェック

斎場選びのときは設備をチェック 長生きする人が増えたことから、斎場に足を運ぶ人の中には親族・参列者を問わず高齢者が多くなっています。
斎場が可能な限りバリアフリーになっていると、つまずいて転ぶ危険性が低くなることから注意して見ておきたい部分です。
お通夜と告別式を行うということであれば、お通夜の後は故人のそばに家族がいてあげたいものです。
故人の棺が置かれた斎場につながる控えの間が広く、布団が用意してあって寝泊りができる設備がされていると、安心していられます。
寝泊りするということになれば入浴もしたくなりますから、お風呂は必須設備です。
広い斎場なら最低でも2か所は必要で、男風呂と女風呂に分けるか、宿泊予定が2組なら家族単位で使えるなど、臨機応変に対応してくれると助かります。

斎場のホームページをチェック

斎場のホームページをチェック 葬儀をするにあたっては斎場なかの式場をまず予約しておかなければならないのはいうまでもありません。
この場合ですが、セレモニーホールや葬祭ホールなどの呼び名が付いていることもある民間の斎場であれば、ほとんどが公式ホームページを開設していますので、事前によく確認しておくことがたいせつです。
ホームページには式場の収容人員、用意できる祭壇の種類、待合室や宿泊室などの設備、式場の種類や時間ごとの料金体系などが写真付きで細かく記載されています。
申し込みをしてからイメージと違ったということのないように、納得がいく選び方をすることが求められます。
市町村やその組合が運営している公営斎場の場合にも、もしもホームページがあれば同様に事前確認をしておきます。
特に公営の場合は式場の貸し出しだけでそれ以外のサービスがまったくない場合が多く、設備や備品などをよく確認しておかないと、現地で対応可能ものと、葬儀社を通じて事前に手配しなければならないものの見極めが難しくなり、当日にあわてる原因となりかねません。
予約のしかたも窓口で直接予約をする場合、電話やインターネットで済ませることができる場合の両方があり、民間とは大きく事情が異なります。

関東で斎場を選ぶときにチェックしたいところ

家族が亡くなって葬儀を開催するとき、会場となる斎場を探さなくてはいけません。たとえば関東の場合、人口が多いために候補となる斎場も豊富な傾向にありますが、そのような点をチェックしたらよいのでしょうか。
まず考えたいのは、葬儀の参列者の人数です。親族のほかに友人や知人をたくさん呼ぶのか、親族のみで行うのかによって必要な会場の規模が大きく変わります。
規模が大きな葬儀を検討しているのであれば、早めに葬儀会社との相談を始めることが基本です。葬儀会社のスタッフは近隣の斎場をよく知っているので、大きめの会場もすぐに候補が決まります。候補となる斎場が決まったら、それぞれの設備を確認することが大切です。
用意できるイスの数や宗教関係者の控え室など、差が出やすい点があります。最寄り駅からの距離や送迎バスの有無などもチェックすると、参列者に最適な配慮ができます。困ったときは葬儀会社のスタッフに相談すれば、ほとんどの問題は解決可能です。

斎場で火葬をするかしないかは参列者に合わせて判断する

斎場とはあくまで葬儀を執り行う場所なので、遺体の安置部屋はあっても火葬するための施設を併設していない葬祭場も多くあります。
火葬をする場合は葬儀だけ斎場でしてその後参列者と火葬場まで行くのか、焼き場併設の施設で告別式などを行うか事前に下調べしておくほうが無難です。
葬儀の参列者に高齢者がいる場合や遠方から参列する場合は、斎場と火葬場を行ったり来たりするのは大変なので、焼き場を併設している施設のほうが負担になりません。
しかし火葬場を併設している施設は辺鄙な場所にあることが多く、施設の特性からバリアフリー化しにくいなどこれまた高齢者には負担です。
近年では斎場で告別式などを行い、あとは親子など数人の家族のみで火葬場へ行くスタイルが増えています。
交通便利の良い施設で告別式を済ませられることと、火葬場での精進落としの費用などを抑えられるうえ、遠方からの参列者や高齢者を火葬中に何時間も拘束しないという双方にとって得な選択だからです。

公営斎場は一般葬と家族葬の両方を実施することが可能

日本全国には、各自治体が運営をおこなってる公営の斎場というものがたくさん点在をしています。市民が利用することを前提としており、一般的なメモリアルホールを利用するよりもお安い料金で貸切ることが可能です。
以前は火葬のみしかできないところが多かったのですが、現在では一般葬と家族葬も実施ができるホールを併設している斎場が多くなりました。
ここでは簡単に公営斎場で利用できる設備や、執り行える葬儀について解説をしていきましょう。告別式の席では出棺の際、故人が生前好きだった音楽を流すケースが多々あります。
このサービスには対応はされていませんが、自身で音楽プレイヤーなどを持ち込んで流すことは可能です。対応している葬儀スタイルは基本的には仏教となり、神前・キリスト教のスタイルでは執り行えないので注意をしましょう。
一般葬なら受付の業務を斎場スタッフが担当をされ、家族葬なら控室を活用することもできるようになっています。

非常に気になる!斎場を寺院にすることはできるのか

人は生まれたからには必ず死を迎えるのです。これは人間に神が与えた唯一平等な事象であり、誰しも平等に天に召されていくのです。
人がなくなると、遺族は故人のために葬式の段取りをしなければいけません。訃報を交友関係に伝え、葬儀場を抑えプランを決定し、も主として気丈にふるまう必要があるのです。
それゆえ遺族は悲しみにどっぷりと浸っている暇はありません。このように人間がなくなると葬儀社を選んで、葬祭場を斎場とするのが一般的なんです。
だが中には、時折寺院を斎場にし通夜に告別式を行う方がいるんです。こうしたことは一般の人にはなかなかできる琴ではありません。
この場合は、故人が生前その寺の檀家であったり、その寺に莫大な献金や寄付をしたなど実績を積んでいる人しか寺を葬儀のために貸切ることはできません。
また寺院の裏手に墓などがありますが、これも一般人ではなかなか購入できないのです。やはり檀家や寄付が多かった人が優先して寺の敷地内の墓を購入できます。

菩提寺を葬儀の斎場とするにはどうしたらいいのか

菩提寺は、ぼだいじと読みます。先祖代々のお墓があり、位牌をおまつりしてあるところのお寺のことをそのように呼んでいます。
そのため、お葬式や法事などの際には菩提寺へお願いすることになります。ところが、近年はお寺ではなく、民間や公営の斎場のみで葬儀を済ませるケースも少なくありません。その場合に困ってしまうのが、戒名や納骨の手続きなどです。
葬儀場で異なった宗派で葬儀を終えてしまい、さらに戒名を受けてしまうと、お寺で納骨を拒否されてしまうケースもあるのです。場合によっては、戒名の付け替えなどを要求されることもあるかもしれません。
一体なぜそのようなことが起こるのかというと、お寺では同じ宗派以外の方でないと、納骨ができないというシステムとなっているからです。
斎場で葬儀を執り行った後で、檀家となっているお寺へ納骨をしたいのであれば、早い段階でそのお寺の住職さんと連絡を取って、確認をしておいた方がよいでしょう。

高齢者に配慮がされている斎場を選ぶことが重要です

葬儀は通夜式と本式の2日に分けて行われることが多いですが、両方とも、長いお経の時間があるので高齢者にとっては負担になることが少なくありません。
また遠方からの参列者も多いですから、斎場に到着するまでの時間も長くかかっているのに、その場で再び長く過ごすのは疲れてしまいます。
そのため喪主側としては、参列をしてくれる人たちのために、少しでも負担が少ない斎場を選ぶことが重要になります。
車椅子で参列される方もいますし、高齢になると足腰が不自由になって杖を使う方も多いでしょう。その際に歩きやすいようにするために、バリアフリー対応になっているか、通路が広く確保されているかを確認することが大事です。
そのほかには休憩スペースが広くとられているか、座る場所が色んな所にあるかも確認しておくと安心できます。葬儀には多くの高齢者が参列しますから、斎場選びにはそのような観点を踏まえるようにすれば、満足のいく葬儀になります。

斎場では葬儀に関する生前相談を行っています

人間は亡くなったら、火葬を行う前に葬儀を行うことが今の日本では一般的になっています。残された家族などが取り仕切ることになりますが、最近は高齢化が進んでいますから、自分の葬儀にこだわりたいと考える人が増えています。
ただ理想の葬儀にしたいというだけではなく、残された家族に迷惑をかけたくないという気持ちから、葬儀に関するあらゆることを自分で決めておきたいと考える部分もあるでしょう。
そんな時は、葬儀を執り行うことになる斎場で、生前相談を行っている場合があるので相談してみることをおすすめします。
斎場ではこれまで多くの葬儀を行ってきたという経験と実績がありますから、生前相談をすることで疑問や不安を解消するために適切な答えを出してくれます。
葬儀の予算に関して相談をしたり、もっと詳細に祭壇に飾る花の種類や棺のグレード、流す音楽なども決めることができます。
あらかじめ意思表示をしておくことで、遺族が取り仕切る際にも悩むことがありませんし、理想の葬儀を作り上げられます。

斎場で生前葬を行うことを選ぶ人が増えています

これまで葬儀というのは、人が亡くなってから執り行うことが一般的だとされてきました。しかし人々の間で、死という概念に変化が生まれたことや、葬儀についての考えに多様性が生まれたことで生前葬を選ぶ人が増えています。
生前葬とは、その名の通り、亡くなる前に葬儀をあげるというもので斎場などで開催することができます。生前、お世話になった人や大事な人を集めて、感謝の気持ちを伝えるお別れ会のようなものをイメージするとわかりやすいでしょう。
斎場で行われるため、スタッフがサポートをしてくれるので、知識があまりなくても円滑に進めることができます。一般的な葬儀の場合は、準備に手間取ってしまって疲労やストレスがたまるといった弊害がありますが、そのようなことはありません。
しっかり準備をして行うことができるので、理想の葬儀を執り行うことができますから、本人の希望を最大限に叶えることができるというのが魅力です。これからさらに増える可能性もあるので、斎場でも開催しているところが増えると予想できます。

斎場でペット火葬を行っているところも増えています

ペットを家族の一員だと考える人が増えたことにより、亡くなったら人間と同じように火葬をしたり葬儀を行うことが増えています。
葬儀をすることで心の整理をつけることができますし、火葬をすれば遺骨を手元供養することができるので、安心感があります。
そのため斎場でペット火葬や葬儀に対応をしているところが増えており、利用者も増加傾向にあります。公営の火葬場の場合は、まとめて対応をすることが多いので、費用は安く済ませることができますが遺骨を拾うことができない場合が多いです。
しかし斎場の場合は、人間と同じように1体ずつ対応をしてくれるので、遺骨を拾うことが可能です。また斎場では葬儀と同義となるお別れ会を開催することができますから、火葬をする前に大事なおもちゃやご飯を入れて語り掛ける時間を設けることができます。
しっかりと感謝の気持ちを伝えてお別れすることができれば、心の整理がつきやすいので、気持ちを整理する上でも良い方法だと言えます。

大きな斎場ともなると食事会場が別に設けてある

身内が亡くなったら葬式をあげてしっかりと弔う必要がありますが、葬式の在り方は家族によって異なり最近では身内だけで集まる家族葬を行う遺族も増えています。
身内だけで故人と最後の別れをするのも一つの形で静かな時を過ごすことができるので人気がありますが、それでも昔のように広々とした斎場で沢山の人を集めて葬式を行っている遺族も多いです。
多くの人が集まってくれる場合にはある程度大きな斎場を用意する必要がありますが、葬儀会社に頼めば手配をしてくれるので心配することは全くないです。
多くの参列者を収容できる斎場ともなると食事会場が別に用意されていますし、そこで葬式に来てくれた人に挨拶をすることができます。
弔い方はそれぞれで何が良いかということは簡単に言うことはできませんが、葬式に来てくれた人をもてなすというのは最低限の礼儀だと感じている人は沢山います。
このように食事会場があるほどの大きな斎場で葬式を行う遺族も大勢いますが、どのように手配したら良いのか分からない場合には葬儀会社に連絡をして相談に乗ってもらうようにした方が良いです。

斎場と火葬場を巡る知識:遺族が知るべき儀式とその流れ

大切な人を失った際に迎える遺族にとっての辛い儀式である葬儀ですが、適切な準備と知識を持つことが心の準備にも繋がります。
葬儀は故人を送り出す最後の行事であり、斎場で執り行われることが多いです。
斎場は葬儀や告別式などを行うための施設で、一般的には葬儀社が運営しています。
不幸があった際は、まずは葬儀社に連絡し、斎場での儀式の日程や内容を相談します。
葬儀の流れは宗教や地域によって異なるため、家族の希望に沿った方法で進めることが大切です。
斎場での儀式には様々な手配が必要で、遺影や花、読経する僧侶の手配、参列者の案内などが含まれます。
儀式の後は火葬場で火葬が行われる場合が多く、故人の体を最後に見送る場となります。
火葬後、遺骨を収めた骨壺を持ち帰り、後日墓地に安置するか、納骨堂などに納骨します。
いずれにしても事前に火葬場での手続きや時間などを確認し、準備を進める必要があります。
それぞれの斎場や火葬場は設備やサービスが異なるため、事前に確認し細かい希望を伝えることが望ましいです。
また、参列者への配慮として会場へのアクセス方法や、当日の流れを案内することも欠かせません。
儀式が無事に終わり、参列者からの弔問に応える過程も遺族の心情を和らげる上で大切な要素です。
このように葬儀は多くの手順と準備が求められるため、冷静に対応することが重要となります。
何よりも故人を偲び、尊敬の意を表する場であることを忘れずに遺族が心をこめて最後のお別れを行うことが大切です。

斎場でのお別れの時間をサポートする、控え室の上手な利用法についての解説

斎場でのお別れの際には、多くの感情が交錯する中、静けさと落ち着きを求めることが重要です。
多数の参列者が一堂に集まると、互いの気遣いやプライベートな時間が必要になることもあるでしょう。
そこで、斎場に備えられた控え室の存在が大きな意味を持ちます。
控え室は遺族や参列者がプライベートに時間を過ごすためのスペースとして活用できます。
例えば、疲労を感じた遺族が少しだけ休息を取るための場所として使ったり、小さな子どもがいる家族が一時的に落ち着けるスペースとして利用したりすることができるのです。
また、話をしたい参列者同士で集まったり、準備中の花や写真をセットするための場所としても使用可能です。
控え室は斎場で行われる儀式の品格を保つ上でも重要な役割を果たします。
斎場は故人を偲び、遺族と参列者が心を寄せ合うための大切な場所ですが、控え室があることで、式の進行にも柔軟性を持たせることができるのです。
このように、控え室は斎場におけるお別れの時間をより円滑にサポートするための重要な機能を有しているといえます。
斎場でのお別れの時間は、遺族や参列者にとって思い出深い一時になることでしょう。
控え室を適切に活用して、その貴重な時間を心穏やかに過ごせるようにしましょう。
この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

斎場を訪れる際の便利なアクセスポイント:駐車場情報を網羅

人生にはさまざまな節目がある中で、斎場を訪れることもその一つでしょう。
故人を偲ぶ場として斎場は大切な役割を担っており、訪れる際には故人に対する敬意を表すと共に、参列者としての心構えも必要です。
その際、特に注意したいのがアクセス方法です。
葬儀に参列するため、遠方からの訪問者も少なくありません。
斎場が公共交通機関のアクセスが限られた場所にあることもあり、訪問者にとっては駐車場の情報が重要になります。
多くの斎場は周辺に駐車場を完備していますが、事前にその情報を把握しておくことで、当日の不安を和らげることができます。
斎場に併設された駐車場の場合、台数に限りがあることもあるため、早めの到着や近隣の駐車場情報もチェックしておくことをお勧めします。
近隣の施設や一般の駐車場が利用可能かどうか、事前に斎場のウェブサイトや直接問い合わせることで確認できます。
お別れの場をスムーズに訪れるためにも、駐車場の事前調査は大変役立つ情報提供と言えるでしょう。

民営斎場を利用する際の注意点とメリットを解説するお役立ちガイド

人々は生涯に何度も大切な節目を迎えますが特にお別れの場面では適切な斎場選びが重要です。
民営斎場は選択肢の一つとして多くの人に利用されています。
しかし民営の斎場を利用する場合手続きの流れやサービス内容などへの注意が必要です。
民営斎場の最大の利点はその柔軟な対応にあります。
公営斎場に比べより個別のニーズに応じたサービスが期待できるため家族葬から大規模な葬儀まで多彩に対応しています。
使用する斎場を選ぶ際には立地や設備価格帯などを検討することが大切です。
また実際に斎場を訪れスタッフの対応や施設の雰囲気を確認することも後悔しないためのポイントとなります。
斎場が提供するパッケージプランの内容を詳しく確認し追加料金の有無も確かめておくべきです。
さらに式の進行にあたって専門のスタッフがどれだけサポートしてくれるのかも重要な判断基準です。
また民営斎場は競争が激しいため良心的な価格で高品質なサービスを提供している場合が多いですが中には追加料金が多くなることもあるので注意が必要です。
公営斎場と比較しながら葬儀にかけられる予算内で最適な選択を行うことが望ましいです。
斎場選びに迷ったときは経験豊富な葬儀社に相談することも一つの手段です。
大切な人を送り出す場として納得のいく斎場を選ぶことが肝心です。
丁寧に比較検討することで故人との思い出に残る良いお別れができるでしょう。

斎場とホテルを上手に利用するためのお役立ち情報ガイド

人生の節目には様々な場所が必要になることがあります。
その中でも特に重要なのが斎場とホテルです。
斎場は故人を偲び、家族や親族が集い、故人との最後の別れを行う場として用いられます。
そんなとき大切なのは、斎場の規模や設備、立地などを事前に把握し、参列者全員にとってふさわしい場所を選ぶことです。
斎場の選び方は、葬儀の規模や宗教など故人の遺志も考慮に入れつつ行うことが望ましいでしょう。
人生の喜びの瞬間にもホテルの存在が欠かせません。
結婚式場としてだけでなく、家族や友人たちとの大切な記念日を祝う場所としても利用されます。
ホテルを選ぶ際には、アクセスの良さや料理の質、サービスの内容をしっかりと確認し、記憶に残る素敵な一日を過ごすことができるように計画する必要があります。
斎場やホテルの利用には事前準備が重要となります。
予約の必要な施設も多いため、早めに予定を立てておくことで、スムーズな流れを作ることが可能です。
また、施設選びだけでなく、交通手段の確保や宿泊に必要な手配も忘れてはなりません。
あらかじめ予期しえない事態を想定して、緊急時の連絡手段やサポート体制を整えておくことも大切です。
斎場やホテルを上手に利用するためには、これらのポイントをしっかりと押さえることが肝心です。

お勧めの斎場関連リンク

中野区にある安心サポートの斎場です

中野区 斎場

新着情報

◎2024/5/15

情報を更新しました。
>斎場と火葬場を巡る知識:遺族が知るべき儀式とその流れ
>斎場でのお別れの時間をサポートする、控え室の上手な利用法についての解説
>斎場を訪れる際の便利なアクセスポイント:駐車場情報を網羅
>民営斎場を利用する際の注意点とメリットを解説するお役立ちガイド
>斎場とホテルを上手に利用するためのお役立ち情報ガイド

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>高齢者に配慮がされている斎場を選ぶことが重要です
>斎場では葬儀に関する生前相談を行っています
>斎場で生前葬を行うことを選ぶ人が増えています
>斎場でペット火葬を行っているところも増えています
>大きな斎場ともなると食事会場が別に設けてある

◎2022/9/15

情報を更新しました。
>関東で斎場を選ぶときにチェックしたいところ
>斎場で火葬をするかしないかは参列者に合わせて判断する
>公営斎場は一般葬と家族葬の両方を実施することが可能
>非常に気になる!斎場を寺院にすることはできるのか
>菩提寺を葬儀の斎場とするにはどうしたらいいのか

◎2019/2/8

バリアフリー対応がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場へのアクセスは事前に連絡
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

パーキングの必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

火葬場併設の斎場も
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

参列者に優しい斎場
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 斎場」
に関連するツイート
Twitter

門倉有希さんの葬儀・告別式に大石まどか、岩本公水ら約200人が参列 - サンスポ 6日に乳がんで死去した歌手、門倉有希(本名・金田充恵)さん(享年50)の葬儀・告別式が13日、東京・大田区の臨海斎場で営まれた。

この暑い中の葬儀斎場ついでに墓参りは流石に堪える…_(:3 」∠)_

返信先:葬儀一式を傘下の斎場で取り仕切って 香典は全て◯会のものってやり方。 仏壇の押売り選挙で何票集めるとか何人入信させたかで上がる地位。 作った学校は今存続の危機とか。 奢れる者は久しからず。 権力は腐敗する。の一例ですね。

懲戒免職処分となったのは、八尾市立斎場の現場責任者だった西川雅昭被告(59) 葬儀関連業者から現金受け取った罪で起訴 市職員の男を懲戒免職「軽率だった。市民に申し訳なかった」 大阪・八尾市(読売テレビニュース)

またまた余り寝られてないままお通夜当日、 昼までには斎場に移動して湯灌に参列。 諸々の流れを最終確認、食事は布団は足りるのか?実質喪主として失礼のないように動けるのか?不安尽きない中お通夜始まり、式後の食事もあまり喉を通らないまま怒涛のように葬儀初日終了_(:3 」∠)_