参列者に優しい斎場

参列者に優しい斎場

参列者に優しい斎場 誰かが亡くなりお葬式となった場合、参列してもらいたい人に知らせるのは一般的にその日時と斎場の名前や場所と電話番号です。
参列者のうち、車で斎場まで行く人はカーナビを使ったり、またどの道を通ればよいか調べればよいのですが、問題は電車やバスなどの公共交通を使う場合です。
特に地方などでは斎場の場所によって公共交通で行くには難しい所が少なくありません。
家や最寄りの駅からタクシーを利用するしかない場合が多いのです。
自家用車で行くにしてもあまりにもわかりにくい場所では道に迷ってしまう可能性もあります。
もしいくつかの斎場から選べるのであれば、駅に近かったり、道がわかりやすいといったアクセスのよいところを選ぶのをお勧めします。
お葬式の参列者は若くて元気な人達ばかりではありません。
亡くなる人が高齢化するにつけ、高齢の参列者が実に多いのです。
また小さい子どもを連れて参列する人や体に障害を抱えた人のためにもアクセスのよさは大切です。

斎場に駐車場があるかどうかも重要

斎場に駐車場があるかどうかも重要 人生の最後の儀式の場として、斎場は大切な存在感があります。
それだけに慎重に選ばなければなりません。
24時間365日の対応が可能であり、参列者にとってもアクセス良好な位置にある斎場を選択することが必要となってきます。
とりわけ、意外に見落とされがちなのが駐車場が完備しているかどうかの確認です。
最寄駅から近い場所にあるか、送迎バスが用意されているという条件でもない限り、十分な台数を収容できる駐車場が確保されていることを調べておかなければなりません。
参列者の中には遠方から来る人も多く、中には車で参列することもあります。
そんなとき、斎場まで来たものの車をとめるスペースがないとなれば、わざわざ弔意を表するために来られた参列者の方に非常に失礼にあたります。
また、僧侶や霊柩車などもやってきますので、車をとめる必要性が出てくることは避けられません。
斎場を選ぶにあたっては駐車場が完備していることの確認も大変に重要です。
/p>

新着情報

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>高齢者に配慮がされている斎場を選ぶことが重要です
>斎場では葬儀に関する生前相談を行っています
>斎場で生前葬を行うことを選ぶ人が増えています
>斎場でペット火葬を行っているところも増えています
>大きな斎場ともなると食事会場が別に設けてある

◎2022/9/15

情報を更新しました。
>関東で斎場を選ぶときにチェックしたいところ
>斎場で火葬をするかしないかは参列者に合わせて判断する
>公営斎場は一般葬と家族葬の両方を実施することが可能
>非常に気になる!斎場を寺院にすることはできるのか
>菩提寺を葬儀の斎場とするにはどうしたらいいのか

◎2019/2/8

バリアフリー対応がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場へのアクセスは事前に連絡
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

パーキングの必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

火葬場併設の斎場も
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

参列者に優しい斎場
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬式 場所」
に関連するツイート
Twitter

親戚がなんか葬式で集まった時にあの時は陛下に褒めていただいて〜みたいな話をしていたのでなんか表彰でもされることでもしてるんか?ってうっすら思った事はあるんだけどもしかしてその後発覚した過去の方の一時滞在の場所の管理をしてる親戚の事なのか…?それとも誰かなにかしてんのか?

返信先:他1男性の葬式のドレスコードを厳密に言うならシャツ:レギュラーカラー、シューズ:ストレートチップorプレーントゥなどですが、日本の洋装の歴史は浅く、これを本当に正しいとして良いかどうか? それはともかく、葬儀は自分のファッションをひけらかす場所ではないのだから、地味であることが肝要。

それのせいで墓地の場所がわからないから墓地管理の委員会に電話するも当日は外出。 いやいやながら父方の伯母にアポ無し突撃。祖母の葬式が最後から20年弱あってなかったが、祖母にそっくりな身姿になってた。 久しぶりに話して、1人で墓地に行こうとしたら一緒に行くという。…

返信先:いやいや、その日は親戚の葬式で、葬儀中で。たくさん人がいた場所に紛れてたんですが、 たぶんたまたまその葬儀の時にそこにいて友人?と談笑してたんだと思いますよ。 切られちゃって~とか、そういうのとは違う感じで、普通の世間話してるみたいでした。生首も、切られたとかじゃなさそうだった。

冠婚葬祭マナーブックの「失礼にならない靴」を無情にも吹き飛ばす青森の冬の葬式、それと就職活動(面接先がすごい場所にあったので長靴で行った)。