斎場の情報が満載!

バリアフリーの斎場の良さ

バリアフリーの斎場の良さ 斎場に参列するのは赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢の人です。
ですから当然ながら中には、体が不自由な人もいますし自立歩行が出来たとしてもわずかな段差でつまづきやすい場合もあります。
特に車椅子だと必要な設備も多いため、斎場によっては参列することができなくなってしまいます。
斎場全体がバリアフリーになっているとわずかな段差を不安に思わずに済むため、参拝したいのに不安で行くのをためらっている人にも安心してもらえます。
またトイレのような設備はバリアフリーになっていることが特に重要な場所です。
介助が必要な人には狭いトイレでは利用することができません。
ある程度の広さがあり、手すりなどが設置されている障害者でも使えるトイレがあれば安心して利用できます。
エレベーターがない古い斎場もありますが、足の不自由な人からすると階段での上り下りほど不安なものはありません。
不便さゆえに葬儀の参列ができないというのは残念なことです。
新しいほどバリアフリー設計になっていますので、誰に対しても優しいです。

赤ちゃんを連れていける設備がある斎場も良い

赤ちゃんを連れていける設備がある斎場も良い ごく近い間柄の人の葬儀の場合には、赤ちゃん連れでも参列したいと思うものです。
そういう場合には赤ちゃんを連れて行くことができる設備が整っている斎場が良いです。
トイレにおむつ替えシートがあるかどうか、授乳室あるいは小さな個室があって授乳することができるかをチェックしておくと安心です。
もし設備がない場合には車で斎場まで行き、赤ちゃんのお世話をする時には車のシートを倒して利用するという方法もあります。
いくら連れてきても良いと言われていても、個室がないと気疲れしてしまいます。
長時間に及ぶ場合には寝かせておける場所があるかどうかは確認しておきましょう。
離乳食や調乳のための給湯設備は、控え室に揃っていることが多いです。
また葬儀中に泣いてしまった場合はすぐに控え室に戻れるように入り口付近に座っておくと、周りに気遣いさせずに済みます。
葬儀は基本的には控え室で待機して、お焼香のタイミングで呼びに来てもらうようスタッフに前もって伝えておくとスムーズに参列することができます。

新着情報

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>高齢者に配慮がされている斎場を選ぶことが重要です
>斎場では葬儀に関する生前相談を行っています
>斎場で生前葬を行うことを選ぶ人が増えています
>斎場でペット火葬を行っているところも増えています
>大きな斎場ともなると食事会場が別に設けてある

◎2022/9/15

情報を更新しました。
>関東で斎場を選ぶときにチェックしたいところ
>斎場で火葬をするかしないかは参列者に合わせて判断する
>公営斎場は一般葬と家族葬の両方を実施することが可能
>非常に気になる!斎場を寺院にすることはできるのか
>菩提寺を葬儀の斎場とするにはどうしたらいいのか

◎2019/2/8

バリアフリー対応がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場へのアクセスは事前に連絡
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

パーキングの必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

火葬場併設の斎場も
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

参列者に優しい斎場
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 子供」
に関連するツイート
Twitter

成長産業の「葬儀屋」 斜陽化する「結婚式場」 民間で必要になる「子ども食堂」

この前の葬儀で知ったけど うちの一族って貧乏ではないよな 子供の頃は貧乏一族だし、実家田舎だからとか思ってたけど 知らないってこわいわ 勤務先ほとんど大手だし 新車で買った後すぐ汚して、汚いなと思ってた叔父の車とか2000万もしたのかよ

返信先:葬儀で延々と孫の話(うちの母は親戚の孫の話)した後「○○ちゃんも子供欲しくなったんちゃう?」て言われて何も言えなかったです😓悪気はないんでしょうけどね…

入社祝い金で貰ったわたしの15万、義父の葬儀代として49日の時に義姉に丸々持ってかれた。最悪💢大体義母が払うもんなのに、なんで夫たち子どもが出してやんなきゃいけないん?散々援助してたのにまだ取る気?手持ちで賄える葬式すりゃいいじゃん。参列者なんて身内だけなのに変な見栄張んなっつーの💢

葬儀屋くん、牧師と違って最初からヤンキーまるだしなのやっぱ突然大人になってナメられたらアカン的子供の防衛術的な浅さを感じるし、反して無害そうな大人(ロベルト)への一本ちょーだい。は賢しい悪ガキでも憎めないコイツめ!って可愛がられるタイプの子供だな…って思うので胸がキュッとなる。

経済的にもキツイし、何より子どもが楽しみにしていたので決行を決めました。お祖母様が大往生だったということもあり、多少後ろ髪を引かれつつもお祖母様に謝りながら。 しかし葬儀の次の日に義父に義実家に寄れと言われ、実は東京に行く予定があり、時間的にそれは無理だと断ると義父が腹を立て、