バリアフリー対応がおすすめ

バリアフリー対応がおすすめ

バリアフリー対応がおすすめ 通夜や葬儀などを行う斎場を選ぶ時には、バリアフリーに対応しているところを選ぶのがおすすめです。参列者の中には高齢になっている人も多いので、足腰が弱っていたり車椅子で移動するという人も少なくありません。斎場の中に段差があったりすると躓きやすいですし、トイレがしづらいといった問題が発生することもあります。躓いて転んだだけで、大けがをしてしまうこともあるようです。
高齢であっても故人と親しかった場合には、最後のお別れをしたいと思うのが人情といえます。迎える側としてはせっかく来てくださるのですから、できるだけ負担がかからない場所を選びたいものです。
通夜や葬儀は以前は自宅で行われることもありましたが、現在では斎場で行うことがほとんどになっています。バリアフリーに対応している施設が多くありますが、そうでないところもあるので事前に確認するようにしましょう。特に親族など身内に足の不自由な人や車椅子の人がいる場合などには、気配りが欠かせません。

車椅子で斎場に向かう場合には注意が必要となる

車椅子で斎場に向かう場合には注意が必要となる 高齢で体力が衰えていたり、身体が不自由であったりという理由から、車椅子を常用している人も多いはずです。親しい人が亡くなった場合の葬儀に出席するにあたり、車椅子を使うのであれば、若干注意しておかなければならないことがあります。たとえば葬儀の会場にあたる斎場については、最近では段差をなくすなどバリアフリー化されているところも多くなってはいますが、古い時代に建てられた斎場のなかにはいまだに未対応のところもあります。
できれば事前に電話などで確認をしておくのが望ましいといえます。斎場は基本的に24時間いつでも電話はつながります。また焼香をするにあたっても霊前に進むことが困難というケースが見られます。通常は会場にいるスタッフが個別に持ち運びができる香炉を届けてくれますので、その場での焼香となります。いずれにしても忘れられたりしないようにスタッフにあらかじめ知らせておいて、確実に便宜を図ってもらうようにすることもたいせつです。

新着情報

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>高齢者に配慮がされている斎場を選ぶことが重要です
>斎場では葬儀に関する生前相談を行っています
>斎場で生前葬を行うことを選ぶ人が増えています
>斎場でペット火葬を行っているところも増えています
>大きな斎場ともなると食事会場が別に設けてある

◎2022/9/15

情報を更新しました。
>関東で斎場を選ぶときにチェックしたいところ
>斎場で火葬をするかしないかは参列者に合わせて判断する
>公営斎場は一般葬と家族葬の両方を実施することが可能
>非常に気になる!斎場を寺院にすることはできるのか
>菩提寺を葬儀の斎場とするにはどうしたらいいのか

◎2019/2/8

バリアフリー対応がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場へのアクセスは事前に連絡
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

パーキングの必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

火葬場併設の斎場も
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

参列者に優しい斎場
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「会場 車椅子」
に関連するツイート
Twitter

明日友人が出演するお芝居見に行くの楽しみ、雨だからできたら会場の駐車場に入れたら助かるんだけど、満車だったら近くにとめて車椅子でいくけど、雨の車椅子えぐいから

返信先:車椅子早かったね😂 会場からあさきちーって 声援凄かったよ🙆‍♀️🙆‍♀️ Tシャツの袖の名前のこと 1年後に知った🤣🤣

SHINeeのライブに行ってきました。 とても楽しい素敵な時間が過ごせました。運営の方にお願いがあります 是非車椅子席を販売して下さい 毎回一般チケットを購入し、電話で車椅子席の利用を連絡するのですが 繋がらず当日会場でって事がよくあります 一般席に空席が出来るのもきになります

昨日のアルティーリ、ポートアリーナが会場でしたが むすこっしーの通ってる施設で大勢観戦しました😌車椅子の管理、トイレ使用、駐車場へのエレベーター…職員さんと会場スタッフさんとの連携も見てみたかった たまにチラッと後ろを振り返ったら嬉しそうに応援してる方が笑顔だった!

本場所中の会場に救急救命士を常駐させる案を検討🍀こういう改善いい🥺お相撲さんも安心して取り組めるだろうしあの悲劇を繰り返してはいけないから…講習会などのお陰で最近は担架や車椅子とか迅速に対応してると思うし力士さんは体あってのもの☘︎︎