斎場の情報が満載!

ネット環境が整っている斎場もある

ネット環境が整っている斎場もある 親しい知人が亡くなった際に連絡を受ければ、必ず斎場に足を運ばないといけないというのが日本の葬儀スタイルの常でした。
しかし、現代では家族のみで葬儀を行なう家族葬という新しいスタイルの葬儀があらわれただけでなくネット環境を整えている斎場ならではの参列の仕方もあります。
ネット環境を整えていることで、葬儀の模様を生放送という形で斎場のホームページ上で視聴することが可能です。
どなたでも見られるという訳ではなく、生放送を行なっている葬儀に出席して欲しかった方々にIDとパスワードを発行し遺族の方から連絡を受けた方のみが視聴をすることができます。
遠方に住んでいてどうしても参列出来ない、病気の為に出歩けないといった方々には無理をせずパソコンを通して故人を偲ぶことが出来るため打ってつけのサービスといえます。
生放送を見ながらコメントを送ることも出来るのでその場にいる雰囲気を出しており、現代技術を活用した斎場の良きサービスです。

斎場の口コミを探してみましょう

斎場の口コミを探してみましょう 故人のお見送りの場として今や葬儀は重要な位置づけとなってます。
葬儀は仮通夜から始まり、本通夜、告別式、出棺、火葬、納骨という順で実施されることが一般的です。
そしてこの中でもっとも重要な儀式が斎場で執り行われる火葬です。
今や多くの葬儀は専門の葬儀会社で執り行われていますが、その場合でも火葬は斎場で行う必要があります。
その意味で斎場は故人に対する最後のお別れの場と言うことができます。
このためその場所の選定にあたっては十分に検討する必要があります。
斎場は日本全国に数多くあるため、その選定に悩まされることもしばしばあります。
そこで選定の有力な方法として口コミの活用が挙げられます。
インターネットにおいてはその口コミに関するサイトが多くありますので、選ぶ際には大変参考になります。
また口コミサイトでは場所やアクセス方法などといった基本情報も掲載されていますので、実際に利用する際にはこれも便利な情報となります。

新着情報

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>高齢者に配慮がされている斎場を選ぶことが重要です
>斎場では葬儀に関する生前相談を行っています
>斎場で生前葬を行うことを選ぶ人が増えています
>斎場でペット火葬を行っているところも増えています
>大きな斎場ともなると食事会場が別に設けてある

◎2022/9/15

情報を更新しました。
>関東で斎場を選ぶときにチェックしたいところ
>斎場で火葬をするかしないかは参列者に合わせて判断する
>公営斎場は一般葬と家族葬の両方を実施することが可能
>非常に気になる!斎場を寺院にすることはできるのか
>菩提寺を葬儀の斎場とするにはどうしたらいいのか

◎2019/2/8

バリアフリー対応がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場へのアクセスは事前に連絡
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

パーキングの必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

火葬場併設の斎場も
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

参列者に優しい斎場
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 環境」
に関連するツイート
Twitter

返信先:葬儀葬祭を行うなら…何も問題は無いですね🙇 エツ😱帰化? 本人の希望によって他国の国籍を取得,その国の国民となる事。日本では法務大臣の許可を得て日本国籍を取得する事。 "日本に帰化する"生物が,本来の自生地から人の媒介などで新たな地域に移され,その地の環境で野生化する事。

夫も葬儀に来てくれて、アウェイの環境でとても疲れたのだろう。延々と寝ている… そして寝ながら放屁😂😂😂

ちらっと話したりしてたので、ご報告を 今日おばあちゃんの葬儀が終わりました 私には母親がいないため、おばあちゃんに育てられました 割と複雑かもしれない家庭環境の中、まあまあまっすぐに育ったのは間違いなくおばあちゃんの深い深い愛情のおかげです ありがとうおばあちゃん ゆっくり休んでね

転勤して慣れない仕事、立場、生活環境の中で生活していたところに、祖母がこの世を去った。何とか調整して、通夜も葬儀も参列できた。母親がいなかったから母親の代わりに弁当作ってくれたり沢山大切な時間を過ごした。 今は戻ってきてゆ

返信先:ありがとうございます😊 遅くなってすみません💦 違う環境で育った大人同士が一緒に住むのは大変ですよね〜😅でも年月を重ね寄り添えるようになったのは嬉しいです😊 葬儀が終わるまでは体調に気をつけます😄