パーキングの必要性

パーキングの必要性

パーキングの必要性 従来の斎場は、都心部にあるほど著名人や財界人の葬儀が多い事から大規模な施設である事が多く、弔問客や参列者に見合うだけのパーキングを準備する必要があり、充分な台数が準備出来ていない場合には評判を落とし存続の危機に陥ります。
葬儀業界では、長期にわたる不況に起因する経済問題だけで無く、集団就職に起因する遠方の親族の問題や仏教離れなどで家族葬や1日葬などのコンパクトかつ簡素な葬儀が主流となっているのが現実です。
家族葬や1日葬は、遺族や親族などの限られた人間だけで執り行う事からアクセスが自家用車を乗り合わせる事で充分であり、従来の様に数十台〜数百台のパーキングが必要が無く非常にコンパクトな斎場の建設が目立ちます。
家族葬や1日葬は、限られた人間だけで執り行う事から予期せぬ弔問客や参列者を避ける為にコンパクトな斎場で通夜や告別式を行う事が多く、コンパクトな斎場故に花葬や音楽葬などの自由葬の費用も抑えられるメリットもあります。

斎場にはどのような設備が備わっているのかを知ろう

斎場にはどのような設備が備わっているのかを知ろう 斎場内にある施設や設備としては、遺体を保管する安置室や、親族が式が始まるまで待機をしたり、寝泊まりをするための控室、喪服に着替えるための更衣室などがよく知られていますが、斎場にはこれ以外にも設備がたくさんあります。
例えば、近年の斎場には授乳室が設置されている所が多く、どうしても赤ちゃんを連れて葬儀に参列しなければならない場合には退避場所として有効です。
また、コインロッカーがたくさん用意されているところもあります。
有料ですが投入したお金は戻ってくるようになっているので、理由があって荷物をたくさん持ってきてしまったときに、盗難や紛失が心配な場合に利用すると良いです。
さらに、近年は無線LANのアクセスポイントやLANケーブルを繋げられる場所を設置するなどによって、インターネット環境を整備した斎場が多くなってきており、葬式に参列する際にSNSで連絡を取り合う人も接続方法さえ知っていれば、直接電話をかける必要なくやりとりができます。
/p>

新着情報

◎2024/5/15

情報を更新しました。
>斎場と火葬場を巡る知識:遺族が知るべき儀式とその流れ
>斎場でのお別れの時間をサポートする、控え室の上手な利用法についての解説
>斎場を訪れる際の便利なアクセスポイント:駐車場情報を網羅
>民営斎場を利用する際の注意点とメリットを解説するお役立ちガイド
>斎場とホテルを上手に利用するためのお役立ち情報ガイド

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>高齢者に配慮がされている斎場を選ぶことが重要です
>斎場では葬儀に関する生前相談を行っています
>斎場で生前葬を行うことを選ぶ人が増えています
>斎場でペット火葬を行っているところも増えています
>大きな斎場ともなると食事会場が別に設けてある

◎2022/9/15

情報を更新しました。
>関東で斎場を選ぶときにチェックしたいところ
>斎場で火葬をするかしないかは参列者に合わせて判断する
>公営斎場は一般葬と家族葬の両方を実施することが可能
>非常に気になる!斎場を寺院にすることはできるのか
>菩提寺を葬儀の斎場とするにはどうしたらいいのか

◎2019/2/8

バリアフリー対応がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場へのアクセスは事前に連絡
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

パーキングの必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

火葬場併設の斎場も
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

参列者に優しい斎場
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 設備」
に関連するツイート
Twitter

結婚式場は下見をしても、葬儀式場を積極的に下見する方はあまりいないようです。 でも、一言で葬儀式場といっても、その設備や規模は異なります。 事前に見ておくことで、自分が考える葬儀ができるかどうか判断ができるのでお勧めですよ。 こちらも参考にしてみてください。

B型肝炎など関係なく、死体はすぐに腐敗が始まるよ。現在は葬儀までに冷凍設備やドライアイスをどれくらい使って射ると思っているのか。

あいプランがあいプラン日本互助会 調布家族ホール(東京都調布市)で人形供養祭・調布家族ホール リニューアル見学会を開催する予定です。 調布家族ホールは、内装のほか、ご遺体を安置するお部屋を改装し、新たに保冷設備を設置しています。 

返信先:終活を始める、 ⑴先祖の墓と自分の墓を建て直す ⑵葬儀代を別ける ⑶遺言状を書く その先、 ⑷防音室の有る家と土地を買う ⑸配信とカラオケ設備をPC等を充実させて引き篭る。

なるほど>「棺、ドライアイス、寝台車、保管設備だけで8万~10万円のコスト。人件費をゼロにしないと10万円以下で火葬だけの葬儀、直葬を施行するのは難しい」/「10万円以下でお葬式」は事実上不可能…ネットにはびこる「葬儀○万円から」のウソを現役葬儀社社長が告発する