斎場へのアクセスは事前に連絡

斎場へのアクセスは事前に連絡

斎場へのアクセスは事前に連絡 人生一度の斎場の案内は、できるだけ丁寧に行いのが礼儀です。斎場への駅からの主要場所には担当が案内をするのがしきたりになります。忙しいなか時間を割いて最後のお別れに来てくれるのです。アクセスは主要駅を中心にしてバスを利用するのならバスの行き先方面を明示し最寄りのバス停の名前は確実に記載しておくことです。
お年を召した方も多く、歩くのが不自由な方もいらっしゃいます。駐車場はできるだけ斎場に近い場所を確保しておきできるだけ案内の人がいればいいです。葬儀を斎場で行うのは、自宅が手狭と言うこともありますが、利便性がいいことも条件になります。突然やってくる日に備えて事前に場所の確認ができていれば最高です。最もわかりやすいのは、周辺の地図を添えて事前にご連絡しておくことになります。インターネットなどで地図をお送りしておくのも心遣いとして喜んで頂けます。地方によって葬儀の案内は違いますが新聞に当日の葬儀と時間を掲載する地方もあります。故人を最後に偲ぶ会になります。丁寧なご案内を心掛けてアクセスをご連絡することを望みます。

斎場を借りる場合には駐車場も確保しておく

斎場を借りる場合には駐車場も確保しておく 葬儀をするための会場となる斎場を予約する場合には、駐車場の台数についても確認をしておくのが鉄則です。
現在では地域住民だけが葬儀に参列をするというスタイルは逆に珍しく、故郷を離れて遠くに住んでいる親戚、会社の上司や同僚、大学や高校の同窓生などのさまざまな人々が全国から参列に訪れるのが普通です。そのため斎場が駅やバスターミナルから離れた場所にある場合には、必然的にマイカーやタクシーを使って弔問に訪れる人が多くなるものと見込まれます。もしも斎場に十分な駐車場のキャパシティがない場合には、当日に入庫待ちで大混乱をきたしてしまい、周辺の民家にめいわくをかけるおそれがあるほか、場合によっては参列できなくなってしまうトラブルも発生します。想定される参列者数に台数が足りない場合には、臨時に斎場の近くの空き地などを借りておくことも必要となりますので、葬儀社を通じて早めに手配しておくことが重要といえるでしょう。
/p>

新着情報

◎2023/7/21

情報を更新しました。
>高齢者に配慮がされている斎場を選ぶことが重要です
>斎場では葬儀に関する生前相談を行っています
>斎場で生前葬を行うことを選ぶ人が増えています
>斎場でペット火葬を行っているところも増えています
>大きな斎場ともなると食事会場が別に設けてある

◎2022/9/15

情報を更新しました。
>関東で斎場を選ぶときにチェックしたいところ
>斎場で火葬をするかしないかは参列者に合わせて判断する
>公営斎場は一般葬と家族葬の両方を実施することが可能
>非常に気になる!斎場を寺院にすることはできるのか
>菩提寺を葬儀の斎場とするにはどうしたらいいのか

◎2019/2/8

バリアフリー対応がおすすめ
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

斎場へのアクセスは事前に連絡
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

パーキングの必要性
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

火葬場併設の斎場も
の情報を更新しました。

◎2017/5/8

参列者に優しい斎場
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 車 」
に関連するツイート
Twitter

今年は3月10日、仕事が休みですごく嬉しい。仕事で名古屋の街なかで走ってる人にとっては迷惑でしかない、名古屋ウィメンズマラソンを回避できるからね…規制規制規制で見えている葬儀会館にたどり着けない地獄のゲームだ

アラファト議長のニュースはアメリカでパレスチナに旅行してきてる活動家の家でTV📺観たから葬儀が行われたエジプトへテル=エル=アマルナに特別に入らせてもらって泊まったホテルの横であちらも警備のに囲まれてなんとか派の拠点の城に白いリムジンで帰ってこられたのとすれ違った 写真オ-ブだらけ

返信先:宙吊りにされました💦今じゃ大問題ですね(笑)。最後は捨て猫などと暮らしてました。小汚い猫を見ては家に連れ帰りお風呂に入れ、妊娠すれば取り上げ動物病院へ連れて行き避妊・去勢手術に付き合わされで送り迎えしました。葬儀も終わり暫く父と実家で過ごしました。私に懐かない猫も夜になり...

返信先:法泉寺、専用の停めるとこが、つい最近まで無かったですからね(葬儀時は公民館P使用(数台のみ)) 旧道沿いはで通るだけでは分からない良さがありますね。 ブ○ラタモリのように説明してくれる人必須ですが。

大喪の礼では都内某所にいたところ、たまたま亡骸を乗せた霊柩車?に出くわし、思わず手を合わせた。 歴史上の人物の葬儀に遭遇したのは、我が人生でもその時一度きりだ。 そのあと、現上皇陛下ご夫妻の乗ったおが通過した。 上皇さんの顔が見えたので頭を下げたら、向こうも会釈された(はず)。